水の個人ビジネス

水の個人ビジネスとは

水ビジネスを個人で経営してみる

水のビジネスは基本的には1回契約をいただくことで継続して購入してもらえるのが基本です。そのため定期的に配送を業者に依頼することで個人でも水売買の経営が可能です。もちろんサービスが充実していて、管理体制も厳しいことは消費者の選択の対象になりますので、大手の製品を取り扱いして代理店として経営したりするのが一般的になります。配送自体はほかの会社に依頼することもできますから、自分で配達する手間と時間をかける必要はなく、配送がきちんと完了しているかどうかのみをチェックするだけで済みます。重くて持ち運びが面倒なので宅配サービスとしても将来性があります。

最近の水ビジネス市場は?

近頃は水を購入するということが当たり前になってきました。ただおいしいというだけでなく、美容や健康に効果があるものが注目を浴びています。ミネラルウォーターのボトルを購入するだけでなく、家庭でも使用できるレンタルのウォーターサーバーの市場も拡大してきています。また「ウォーターバー」というものもあり、お酒だけではなくこだわりのミネラルウォーターを味わえる店が出てくるなど、ビジネス市場はかなり大きくなってきているのです。水にこだわりをもつ人が増えている現在、上記のようなビジネスも今後どんどん拡大していくでしょう。

↑PAGE TOP