水の輸出ビジネス

水の輸出ビジネスとは

輸出が狙い目、水のビジネス

水のビジネスに関しては輸出事業が狙い所です。日本は島国で、その地形から美味しいミネラルウォーターをたくさん汲み取ることができます。ただしミネラルウォーターは味も臭いもしないものですので、それが本当に良い商品なのかどうか、明確な判断をつけることができません。そこでどのように商品をアピールしていくかという点で、日本という国柄がイメージアップになります。日本の製品は安心できるし、水が豊富な国であるという好印象を全面的に打ち出すことができます。発展途上の外国は経済成長がすすめばすすむほど清潔な商品を求めますので、まさにビジネスチャンスです。

今後の水ビジネスの巨大化

近年おいしいだけでなく健康や美容に効果的な水のニーズが世界的に高まっており市場経済では商品として注目されるようになってきています。ウォーターバーといって40種類ほどのミネラルウォーターを専門的に揃えてい飲食店等も増えてきており日本だけでなく世界単位で水ビジネスが巨大化すると予想されます。経済産業省によると2025年には2007年の2倍越の約87兆円にも成長する見込みがあります。その中で仏ヴェオリアが高い市場占有率を握っており、世界的に見て日本は技術力は高いもののパッケージ化した展開では出遅れてしまっています。

↑PAGE TOP